活版TOKYO

活版TOKYO2017 特別企画
ミニトーク『「活版印刷三日月堂」シリーズ誕生のヒミツ』

活版TOKYO2017のスペシャル企画として、 ほしおさなえさん(作家)×酒井草平さん(九ポ堂)×司会・森潤也さん(「活版印刷三日月堂」担当編集者)のスペシャルミニトークを開催いたします。

日時:7月15日(土) 16:00~16:45(開場15:45~)

会場:活版TOKYO2017 内

   テラススクエア 1F HASSO CAFFE特設会場

入場料:500円(ワンドリンクと特製ノベルティつき)

要予約(先着30名様)

<出演>

ほしおさなえ
作家。「活版印刷三日月堂」シリーズ(ポプラ文庫)の著者。1964年生。
著書に小説『空き家課まぼろし譚』(講談社文庫)、児童書「ものだま探偵団」シリーズ(徳間書店)など。
ツイッターで公開した140字小説を九ポ堂とのコラボで活版カードにする活動も。
活版TOKYOにも2015年から参加している。
webサイト http://hoshiosanae.jimdo.com/


酒井草平(さかい・そうへい)
三代目九ポ堂。九ポ堂のお話し作り、印刷、ダジャレ担当。1976年生。立正大学文学部哲学科卒。
フランスに2年滞在。出版社2年勤務の後、九ポ堂を設立。
趣味で活版印刷を行なっていた初代・酒井勝郎の使用していた活字や印刷機を用い、活版・凸版印刷作品制作を行う。
メダカを飼っている。
webサイト http://www.kyupodo.com/

<司会>

森潤也(もり・じゅんや)
株式会社ポプラ社勤務。一般書出版局・文芸チームに所属し、編集者として「活版印刷三日月堂」シリーズを担当している。
webサイト http://www.poplar.co.jp/

<ご注意点>

*こちらの会場では本の販売は行いません。
購入希望の方は、隣の神保町三井ビルディング1Fのマーケット内・ほしおさんのブースで本を販売しておりますので、そちらでお買い求めください。
*トーク終了は16:45を予定しております。
物販ブースも17:00終了ですので、お買い物は事前に済ませてお越しください。

予約受付終了しました。

facebookアイコンtwitterアイコン